9月13日・14日【「使える・できる」マーケティング方法】研修講座
(生産性向上支援訓練カリキュラム)を開催いたしました。

2018年09月15日JMLA 事務局

【「使える・できる」マーケティング方法】研修講座を開催いたしました

▶研修講座の様子はブログ「【「使える・できる」マーケティング方法】研修講座 思考のストレッチ メッセージをバラす!」をご覧ください。

 

講座概要

日程:
2018年9月13日(木)13:00~19:00
2018年9月14日(金)13:00~19:00

会場:
東京都中央区湊2-6-4 RKビル2F セミナールーム

持ち物:
電卓、筆記具

主催:
一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)

 

講座カリキュラム概要

講座名:実務に基づくマーケティング入門
~「使える・できる」マーケティング方法~

ねらい:
実務に基づいたマーケティング活動を行うため、マーケティングの基礎知識、マーケティング業務の流れを理解し、企業内での活動の見える化と、「使える・できる」マーケティング手法を習得する。

※本研修講座は、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構「生産性向上支援訓練カリキュラム」に則したプログラムです。
詳細はコチラをご確認ください。

内容:

学科Ⅰ
1、マーケティングの基礎知識
~マーケティング的思考と基礎知識~
(1) ロジカルシンキングとフレームワーク
(2) マーケティングの目的
(3) マーケティングの基本用語
(4) マーケティング実務体系

2、市場調査・分析
~ビジネスデータの読み解き思考術~
(1) 公開データから学ぶマーケティングリサーチの重要性
(2) データの種類と分析の目的
(3) 分析の基礎
(4) 調査の基本
(5) 市場の捉え方と仮説立て

3、商品・サービスの開発・販売
~B2Bマーケティングの実践~
(1) B2Bを考えるフレームワークとは
(2) 顧客を知ることの重要性
(3) BBCフロー
(4) B2Bにおけるビジネスの事例

4、戦略アプローチ
~B2Bマーケティングにおける提案書の考え方と伝え方~
(1) 誰が顧客か?
(2) 顧客は何を望んでいるか?
(3) 自社は、何をすべきか?
(4) 提案とは?
(5) プレゼンテーションとは?

演習
B2Bをテーマに、マーケティングの体系を実務的に体得するために、戦略策定のグループワークを実施。
(3C→SWOT→STP→4P→BASiCS)

学科Ⅱ
公開データから仮説を導くプロセスを学ぶ、既存のビジネスのロジックを検証するといった応用・実践力を学ぶ。