№1 感性マーケティング資格セミナー マーケター、WEBコンサルタント、営業で活躍するためのマーケティング資格

会員規約

日本マーケティング・リテラシー協会会員規約

総則

本規約は、一般社団法人マーケティング・リテラシー協会(以下「JMLA」という)が行う、マーケティング認定資格制度事業(以下「事業」という)に関して第1条に定めるところにより、JMLAが入会承認した会員(以下「会員」という)とJMLAとの間における権利義務関係を定めることを目的とするものとする。

またJMLAが適当と判断し、制定、変更又は修正し、会員に対して交付する諸規定は、本規約の一部に構成されるものとし、会員は、これを承認し、遵守するものとする。

第1条 会員の資格

  • JMLAの定める「会員」とは、上級認定資格の合格者またはマスター認定資格の合格者であり、入会申込書を提出後に入会審査を得て入会承認を得た合格者に付与される会員資格である。

第2条 (入会申込書)

  • 会員として入会しようとする者は、別に定める入会申込書により、代表理事に申し込む。
  • 代表理事は前項の申し込みがあったときは、理事会の決議により、入会の承認・不承認を決定する。
  • 代表理事は申込者に対し、前項の結果を速やかに通知する。

第3条 会員の権利

会員は次の権利を有する。

  • JMLA が主催する認定講座の開催の権限を付与する。(マスター合格会員)
  • 会員の肩書きをJMLAの会員として、各種資料、ウェブページ等において表示・掲載することができる。但し、協会のロゴマークを使用する場合には、協会に対し事前に申請し承認を得るものとする。
  • JMLAのホームページに会員の写真、プロフィールを掲載できる権限を付与する。
  • JMLAが必要に応じて設置するワーキング・グループへ参加できる。

第4条 会員資格の有効期間

会員資格の有効期間はJMLAが資格登録料を受付け、認定書に記載されている発行日付の日から一年間とし、以後、退会の申し出がない限り自動的に一年間更新される。

第5条 会費

  • 会員は次に定める入会金および年会費を支払うものとする。
    • 資格登録料上級2,000円マスター5,000円
    • 年会費8,000円(上級・マスター共)
  • 納入された会費(入会金および年会費)は理由の如何にかかわらず、返還されない。
  • JMLAは少なくとも1ヵ月前までの通知により年会費の金額を変更することができるものとし、変更後の会費は当該変更後の年会費支払い時より適用される。

第6条 会費

  • 会員の以下に該当する、またはその恐れのある行為は禁止するものとする。
    • 公序良俗に反する行為
    • 法律、法令に反する行為
    • JMLA及びJMLAの会員もしくは第三者の著作権、肖像権、その他知的所有権を侵害する行為
    • JMLA及びJMLAの会員もしくは第三者に不利益を及ぼす行為
    • JMLA及びJMLAの会員もしくは第三者を誹謗、中傷する行為
    • JMLA運営を妨害する行為
    • JMLAより承認を得ないで行なう全ての営業行為
    • その他、JMLAが当該会員の行為として不適切であると認めた行為

第7条 情報セキュリティーの確保

JMLAのコンテンツ等の情報資産の破壊や改ざん、個人情報等の秘密情報の漏洩、ウィルス等の不正プログラミングや不正アクセス等は、JMLAへの侵害行為とみなされる。

またJMLAの行う事業における悪質な侵害行為や不可抗力による会員の不利益に対しては、JMLAは責任を負わないものとする。

第8条 電子メールの送受信

  • 会員は問い合わせなど、当協会と電子メールの送受信を行う場合には、会員の登録情報と同一のメールアドレスを使用するものとし、異なるメールアドレスにて送受信を行ったことにより、当該会員に不利益、または損害が発生しても、当協会はその責任を負わないものとする。
  • 会員とJMLAの電子メールの送受信において、電子メールが不達の場合に、当該会員に不利益、または損害が発生しても、JMLAはその責任を負わないものとする。
  • JMLAは登録情報と同一のメールアドレスにおいても使用上の過失及び第三者の利用に伴い、当該会員に不利益、または損害が発生しても、JMLAはその責任を 負わないものとします。

第9条 会員資格の取消(除名)

会員が下記の事項(1)から(4)に該当する行為をおこなった時は、理事会の決議により会員資格の取消(除名)をする事ができる。

  • JMLAの名誉を毀損し、もしくは目的に反する行為をしたとき
  • 第1条に定める会員資格を喪失したとき
  • 第7条に定める会員としての義務に違反したとき
  • 会費を滞納した場合
  • 当会員規約の義務を遂行しない場合

第10条 会員の退会

会員は、1ヵ月前までに代表理事に書面によって届け出ることにより、任意に退会することができる。
退会承認と同時に会員としての全ての権利と資格が抹消されるものとする。

第11条 著作権

  • JMLAの活動の成果およびJMLAの活動に関連してJMLAまたは会員により作成された成果(以下[成果物]と総称する)は、会員以外の第三者に対して公開されることを原則とする。
  • 会員はJMLAの活動に関連して行った発言、提案または提供した資料、データ、ソフトウェア等の一切の情報(以下「寄与」と言う。)が著作物に該当し、かつ成果物に含まれる限りにおいて、
    当該寄与についてJMLA及び第三者に対し対価の支払いを要することなく、成果物の利用(「利用とは、使用、複製、改変、翻案、実施、表示、公開、再使用許諾等一切の処分権限を含み、以下同じとする。)に必要な範囲内において自由に利用する、無期限、非排他的な全世界における権利を許諾する。
  • 寄与に対する会員の著作権を前提として、成果物の著作権はJMLAに帰属する。会員は、JMLAからの合理的な要求があった場合には、JMLAの有する成果物の著作権を保全するために必要な努力をする。
  • 会員は、第三者からの許諾を得ずに、第三者の著作物を寄与としてJMLAの活動において提供をしてはならない。寄与が第三者の著作権を侵害するとして紛争が生じた場合、当該寄与を提供した会員の費用および責任でこれを解決するものとし、当該会員はこれによりJMLAに生じた損害につき賠償する責を負う。
  • 会員が退会・除名等により会員資格を喪失した後も、本条の規定は継続して当該会員に対して効力を有する。

第12条 免責および損害賠償

  • JMLAまたは会員が提供する資料、情報等は現状有姿で提供され、これらの内容、これらを利用することの結果について、JMLAは第三者の知的財産権の侵害の有無を含めなんら保証しない。
    会員はJMLAの活動に関連して取得した資料、情報等について自らの判断によりその利用の採否・方法等を決定するものとし、これらに起因して会員または第三者が損害を被った場合であってもJMLAは一切責任を負わない。
  • 万一、JMLAが会員に対して損害賠償責任を負う場合であっても、その原因の如何にかかわらず、JMLAは間接損害、特別損害、免失利益ならびに第三者からの請求および軽過失に元づく損害について、予見の有無にかかわらず責任を負わない。
  • 会員の退会・除名等により会員資格を喪失した後も本条の規定は継続して当該会員に対して効力を有する。

第13条 規約の追加・変更

  • 本契約に定めのない事項で必要と判断されるものについては、理事会の決議により定める。
  • JMLAは、理事会の決議により、本契約の全部または一部を変更することができる。JMLAにより変更された本契約はJMLAのWEBサイト上に掲載された時点で効力を発するものとし、以後会員は当該変更された本契約に拘束される。

第14条 合意管轄

会員とJMLAの間の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

第15条 附則

本契約は、2012年3月27日から施工される。
PAGETOP
Copyright © 日本マーケティング・リテラシー協会 All Rights Reserved.