日本マーケティング・リテラシー協会から展示会のお知らせです。

「大人用紙おむつ最適化支援AI」
千野 直志 氏 (当協会・監事)が、シミュレーションモデル構築を行いました!
9/27~29 国際福祉機器展(東京ビッグサイト)出展

「大人用紙おむつ最適化支援AI」とは?

介護福祉施設で導入されるサービスです。
「大人用紙おむつ」は、
「おむつ」と「補助パッド」という二重構造になっていて、
「補助パッド」だけ交換できるようになっています。

これは日本だけで、日本の大人用紙おむつ技術は進んでいます。

ただ、介護福祉施設の現場で、
「補助パッド」の交換タイミングはいつという基準がなく、
「補助パッド」を早めに交換してしまってもったいないケース
(機能がよすぎるケース)や、
排泄物が更衣漏れして入所者が不快な思いをしたケース
などまちまちでした。

「大人用紙おむつ最適化支援AI」は、
おむつタイプ(テープ止めタイプ/パンツタイプ)と、
「補助パッド」の交換タイミングとをシミュレーションし、
入所者一人一人に合った最適な”おむつパターン”を提示します。

シミュレーションモデル

☆このシミュレーションモデルを構築したのが、
 千野 直志 氏 (当協会・監事)です。

現在「大人用紙おむつ最適化支援AI」は、IBM SPSS Modeler
を活用しています。

導入メリット

「大人用紙おむつ最適化支援AI」を導入することで、
1、コスト削減
2、夜間のおむつ交換作業の効率化
などのメリットがあります。

詳細について

詳細をお知りになりたい方は、
ぜひ足を運んでいただけますと幸いです。
会場で説明員からご説明をさせていただきます。

 ・9月27日~29日 国際福祉機器展(東京ビッグサイト)
  出展企業名:(株)ワイズマン
  ホール  : 東3
  小間番号 : 3-21-03

 ・国際福祉機器展
 https://www.hcr.or.jp/
 ・出展社一覧
 https://www.hcr.or.jp/exhibitors#row-10

※参考
ISO規格に則っているものです。
http://www.meti.go.jp/press/2017/07/20170706003/20170706003.html
(経済産業省)
「ISO15621尿吸収用具―評価に関する一般的指針」
日本で進化した大人用紙おむつの機能を適切に評価できる
新規項目の追加を日本から2013年8月に国際標準化機構(ISO)に提案し、
各国専門家による審議、各国の投票を経て、
2017年版として発行されたものです。

感性マーケティング 資格セミナー

●一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)
JMLAの団体概要、認定資格などの情報をご覧になりたい方はこちらをご参照ください。
公式ホームページのリンク
マーケティング解析士®についてのリンク