JMLA 事務局 のすべての投稿

JMLA 事務局 について

一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)は、「マーケティング」および「商品開発/事業開発」において、人財育成(認定資格講座、企業研修)および企業様の事業支援・開発支援を行っています。また、商品開発/事業開発の系統的なメソッド「Neo P7」を用いて企業の社員様が自分たちで持続的に開発を実現できるようにするための内製化支援を行っています。

昭和レトロは なぜウケる?!~ひと手間かけることの大切さ~

古い時代のものやことに触れて、「懐かしい」と感じたり「新しい」と感じたりする理由は何でしょう?
本日は、「昭和レトロ」からその理由を探りたいと思います。

このようなことを考えている方、探している方に役立ちます。

・顧客の心に響く価値づくりをしたいと考えている方
・多くの顧客へ価値を届けるために、効率化・自動化を追求し、壁を感じている方
・顧客ニーズの本質を把握する方法を知りたいと考えている方
・自社ならではの事業戦略の立案に課題をお持ちの方

     

昭和レトロがウケている

様々なジャンルで昭和レトロがウケている。
「浅草花やしき」、「西武園ゆうえんち」、「お台場一丁目商店街」、「ハイカラ横丁」などは人気の施設。

  • 「浅草花やしき」(東京都台東区浅草)1853年開園、日本最古の遊園地とされる。2021年12月縁日コーナーが「マルハナ縁日」としてリニューアルオープン。
  • 「西武園ゆうえんち」(埼玉県所沢市山口)2021年5月リニューアルオープン。
  • 「お台場一丁目商店街」(東京都港区台場)2002年10月オープン。
  • 「ハイカラ横丁」は各地にある。

このような施設が、昭和の懐かしい情景を思い出させる施設として人気がある。

施設の外観だけでなく、レストランのメニューや家具や照明、雑貨、看板の文字なども昭和レトロだ。
何故、昭和レトロがウケるのだろうか。

          

昭和レトロ感

          

ひと手間かけたおいしさ

ひと昔、「六本木アマンド」といえば、最高の遊び場・六本木での待ち合わせ場所として知らない人はいなかった。

それが時代とともに売り上げが落ち、悩んだ末の施策が基本に返ることだった。昔のメニューそのままを復活したのだ。「スパゲッティコスモポリタン」をご存じだろうか?海老で出汁をとったアメリケーヌソースに小エビとタマネギ、ピーマンなどを加えたスパゲッティである。

当初、昔のメニューを復刻させる際にはレシピを知る人がいなく、昔の資料などを探し出し、試行錯誤の中で作ったそうである。ナポリタンと同様、一度茹でたスパゲッティを冷蔵庫で一晩寝かせてから調理するというひと手間が必要なメニューだ。

        

昭和レトロ感

     
採算的には一見無駄な作業と思われがちだが、このひと手間が”もちもち”した触感を生むそうだ。米食文化の日本人が初めてスパゲッティを食べたとき、アルデンテより”もちもち”の方がおいしかったのだろう。
このひと手間かけたメニューが、アマンドを復活させた。

       

手作り感、”あたたかさ”が生む「幸せ感」

「西武園ゆうえんち」や「お台場一丁目商店街」なども、ひと手間かけた手作り感が来場者の親近感をくすぐり、なにか心がほっとする幸せ感を生んでいるのだと思われる。

家具や照明などもそうだろう。画一的なデザインではなく、手作りにより一点ものの味わいがある。

機械化・デジタル化による大量生産は、品質が安定し、安心感がある。しかし反面、味わいが薄くなりがちだ。

手作りの物は、一点一点、デザインや模様など異なるが、それがOnly Oneとなるのだ。

     

昭和レトロ感

    

ビジネスでもひと手間をかけることにより、質が格段に上がる

ビジネスでも同じだと思います。機械化やAIの活用などで、安定した品質の商品を広いユーザーへ提供することはできますが、「何か一味足りない」という評価が起こっていないでしょうか。ユーザーの「何か一味足りない」という『感性』を満たすためにもひと手間かけて、満足感を生む工夫が大切だと思います。

高くても売れる商品やサービスというのは、そのような”ひと手間”に秘密があるのではないでしょうか。

        

顧客のニーズを把握することに課題をお持ちの方や、自社ならではの事業戦略の立案に課題をお持ちの方は、当会(JMLA:日本マーケティング・リテラシー協会)の感性マーケティング講座をご覧になってにてはいかがでしょうか。

JMLAの『感性マーケティング』講座を見る

感性マーケティング講座_JMLAマーケティング解析士プロフェッショナル感性_日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)主催の資格講座

JMLAマーケティング&商品企画講座体系を見る

JMLAマーケティング&商品企画講座体系_日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)

            

商品開発・新規事業開発の手法NeoP7を学ぶ講座を見る

JMLA商品企画士プロフェッショナル講座_日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)主催の資格講座

               

商品開発・新規事業開発の支援を専門に行う『WAKU WAKU 創造 LABO』はこちら

日本マーケティング・リテラシー協会の商品開発・新規事業開発を支援する専門チーム_WAKUWAKU創造LABO(WAKULABOワクラボ)

              

無料セミナー☆商品開発のための 2023年2月15日/3月15日 お気軽にご参加ください!!

人と社会に寄り添う商品開発~顧客の潜在ニーズをどのように発見し検証するか~_2023年2月15日・3月15日_日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)主催の無料セミナー

 


 

      

日本食のおいしさの秘密再認識~素材を活かす調理の技~

 病院で生活していると、体温だ、血圧だ、血中濃度だと日に最低3回は測られる。更に点滴やリハビリなどやることが意外と多い。
 行動範囲も限られるし、車いす状態だと、トイレや洗面の際にもいちいち看護士さんを呼ばなくてはいけない。病気を治すためとはいえ、なかなか大変な生活を強いられるのである。
 そんな入院患者の唯一の楽しみは食事だ。しかし、この食事がおいしい病院と申し訳ないが美味しくない病院がある。今回は、後者にあたってしまった。まあ、病気を治すのが目的で選んだ病院だから文句は言えないが、おかげさまで日本食のすばらしさを再認識することが出来た。

      

このような気持ちの方、このようなことを考えている方に役立ちます。

・仕事を休んでいて前向きな気持ちになりたい方
・休養中にマーケティングスキルをより高めたいと考えている方
・新規事業や商品開発に課題をお持ちの方
・人の感性(気持ちやニーズ)を上手に把握できる方法を探している方

     

おいしくない理由は味が薄いからではなかった

 昔から、病院食は薄味でおいしくないと言われている。病人が塩分や油分を摂取しすぎないようにという配慮は分かるが、骨折や外傷の入院患者も同じものを食べさせられるのはつらいものがあると我儘も言いたくなる。

 今回、食事を始めて、毎回「味が無くておいしくないなぁ。」と感じて残念な気持ちで食事をしていたのだが、2、3日目であろうか、「八宝菜」を食べていて、ふと気が付いた。

     

     

「薄味だからではないんだ!!」
 八宝菜を一口食べると、やはり味が無くおいしくない。良く見るとエビやイカも入っている。イカ、エビと続けて食べてみる。やはりおいしくない、というよりイカやエビの味がしないではないか。

 そう、素材の持つ本来の味「おいしさ」を感じないのである。次にさっきと違う野菜を食べてみた。さっき食べた野菜と同じ味だ。つまり、八宝菜全体が同じ薄味の煮込み野菜炒めのようになっていたのだ。

         

素材のうまみを引き出す調理

 そう、つまり調理の段階で、素材のうまみがなくなるまで過熱を行っていることにより、料理がすべておいしくないのだ、ということが理解できたのだ。
 病人に提供するのだから、しっかり火を通さなくてはいけないのはわかる。大人数の食事を提供するのだから、一度に大量に作れる料理方法を取り入れるのもわかる。でも、もう一瞬加熱時間を減らすことにより、素材のおいしさを残し、おいしく食べられるようになるのになぁ、と残念な思いでいっぱいである。
 もうすぐお正月を迎える。おせち料理を用意する家庭はかなり減ってきているが、なにもお重箱いっぱいに料理を詰めるのがおせち料理ではない。

       

        
 家族の好きな料理を何種類か作って、ママ&パパの株を上げてはいかがだろうか。
 その際に、素材のおいしさを生かす日本料理のすばらしさを思い出し、家族が喜ぶおいしい料理を作ってください。
 但し、そのためには料理の基本を知っておかなくてはいけませんよ。年に一度のことです。億劫がらずに一品でよいから得意料理を増やしてください。

        

何事も基本を学ぶことが重要だ

 今回、図らずも病院食を食べることにより、日本食のすばらしさを再認識しました。素材それぞれにより調理法を考え、素材のうまみを引き出す味付けを考え、おいしい日本料理が生まれてきたのだなと感慨深いものがありました。

       

         

 当会(JMLA:日本マーケティング・リテラシー協会)では、『感性マーケティング』講座や、消費者や顧客企業の望む商品を開発できる商品開発・新規事業開発の手法『NeoP7』を学んだり、開発の実践をサポートする『WAKU WAKU 創造 LABO(ワクラボ)』という活動も行っています。
 基本をしっかり学んで、失敗しないマーケティングや新規事業・商品開発を実践されることをお勧めします。

     

JMLAの『感性マーケティング』講座を見る

感性マーケティング講座_JMLAマーケティング解析士プロフェッショナル感性

JMLAマーケティング&商品企画講座体系を見る

JMLAマーケティング&商品企画講座体系_日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)

            

商品開発・新規事業開発の手法NeoP7を学ぶ講座を見る

JMLA商品企画士プロフェッショナル講座_日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)

               

商品開発・新規事業開発の支援を専門に行う『WAKU WAKU 創造 LABO』はこちら

              

無料セミナー☆商品開発のための 2023年2月15日/3月15日 お気軽にご参加ください!!

 


 

無料セミナー2023【2月15日・3月15日】「人と社会に寄り添う商品開発~顧客の潜在ニーズをどのように発見し検証するか~」を開催します!

商品開発や新規事業開発をテーマにした無料セミナーを、2023年2月15日&3月15日に開催いたします!

このようなことを考えている方、探している方に役立ちます。

・アイデアが出ない
・売れる商品開発のためのヒントを探している
・アイデアの検証方法を探している
・新規事業が当たるかどうかわからない
・社員の商品開発力を強化したい
・独自技術から次の主力となる商品を開発したい

      

商品開発や新規事業開発に課題をお持ちの方向け 無料セミナー

無料オンラインセミナー2023年2月15日・3月15日_人と社会に寄り添う商品開発~顧客の潜在ニーズをどのように発見し検証するか~_主催:日本マーケティング・リテラシー協会_WAKU WAKU 創造 LABO

            

ー開催概要ー

●開催日時:

2023年2月15日(水) 15:00~17:00

2023年3月15日(水) 15:00~17:00

   

●受講料:

無料(事前登録制) 

               

●プログラム:

無料オンラインセミナー2023年2月15日・3月15日_人と社会に寄り添う商品開発~顧客の潜在ニーズをどのように発見し検証するか~_主催:日本マーケティング・リテラシー協会_WAKU WAKU 創造 LABO
人と社会に寄り添う商品開発~顧客の潜在ニーズをどのように発見し検証するか~WAKULABO

              

以下のことを学ぶことができます。
【1】プレトークから開発者の人柄を知れる!
【2】花王の紙おむつ「メリーズ」から学ぶ顧客志向の心得
【3】 潜在ニーズを発見し検証する7プロセスの進め方

           

「人と社会に寄り添う商品開発」無料セミナー プログラム

【1】15:00~15:10

プレトーク

☆神田講師と前田講師の和気あいあいプレトーク!☆

日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)_WAKU WAKU 創造 LABO(WAKULABO)_商品開発/新規事業開発を支援する専門チーム

                 

【2】15:10~15:50

花王の紙おむつ「メリーズ」で学んだ顧客志向の心得

~元開発者が語る顧客の心を掴む商品企画・開発の考え方~

講師: 前田 和之
(JMLA・WAKULABO上級アドバイザー、JMLA商品企画士マスター)

<point!>

「お客様が最も大事」と解ってはいるが、現在の取組みは顧客志向になっているのだろうかと課題意識をお持ちの方は多いと推察します。

私はかつて花王の紙おむつ「メリーズ」で大改良を打ち出すも惨敗!を経験しましたが、その後商品企画七つ道具(P7)の開発システムを導入してどん底からV字回復に成功した体験があります。

この開発システムには、

① 顧客ニーズを定量化するしくみ
② 独創的で魅力的なアイデアを効率よく創出するしくみ
③ 顧客ニーズと技術シーズを体系化するしくみ

という特長があり、得られた結果に沿って商品力の向上を重ねたことにより、継続的な成長軌道に乗せることができたのです。

今回は特に「顧客の心を掴む商品企画・開発の考え方」の勘どころをお伝えして、皆様の今後の取組みのヒントになれば幸いです。

    

    

【3】15:50~16:40

具体的事例で学ぶNeo P7

~商品企画の最強ツールをわかりやすい事例で解説~

講師: 神田 範明
(JMLA会長、JMLA・WAKULABO チーフアドバイザー、成城大学名誉教授)

<point!>

奥深い所に隠れているために見出せないニーズ=「潜在ニーズ」を発見するのは容易なことではありません。

しかし、これこそが顧客を感動させる素晴らしいヒット商品創造の大きなポイントなのです。

それは、人々や社会に深く寄り添って、見聞きすること、感じることを鋭く洞察することから得られる「仮説」を打ち立てることから始まります。

Neo P7(新・商品企画七つ道具)とは、顧客の生活や行動・思考からザクザクと潜在ニーズを発見し、アイデアを大量に生み出し、正確に検証するやり方です。

最高にシステマティックであるがゆえに、この方法での失敗はあり得ません。

まずは本セミナーでNeo P7の全体像をリアルに把握してみて下さい。企画・開発業務を根本から改善したいあらゆる規模・業種の企業の皆様、企画・開発職に転職・就職されたい皆様に広くお奨めいたします。

まさに目からウロコの連続!感動の50分です。

   

   

【4】16:40~17:00

・WAKUラボからのご案内
・質疑応答

   

   

「人と社会に寄り添う商品開発」無料セミナー 実施方法について

●実施方法: オンライン(Zoom)

    

●定員: 各日先着50名様

   

             

お申込みいただきましたら、日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA) 『WAKU WAKU 創造 LABO』(ワクラボ)事務局より受付メールを差し上げますのでご確認ください。
よろしくお願いいたします。 

    

●主催:一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)
    商品開発/事業開発支援の『WAKU WAKU 創造 LABO』 事務局

      

日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)_WAKU WAKU 創造 LABO(WAKULABO)_商品開発/新規事業開発を支援する専門チーム

         

    

関連するセミナーについて 「JMLA商品企画士プロフェッショナル」資格講座

商品開発や新規事業開発のスキルをより高めたい方へ、系統的7プロセス『Neo P7』を習得するための資格講座「JMLA商品企画士プロフェッショナル」をご用意しています。

New! 無料動画コンテンツ「最強の商品企画法とは?!」第1回・第2回はこちらから!

「最強の商品企画法とは?!」と題して無料動画コンテンツを、シリーズで当会(JMLA)神田会長が制作します。順次ご紹介していきます!

今回は、第1回、第2回をご紹介します。

このようなことを考えている方、探している方に役立ちます。

・アイデアが出ない
・売れる商品開発のためのヒントを探している
・アイデアの検証方法を探している
・新規事業が当たるかどうかわからない
・商品開発/事業開発のリソース(資源)が不足している
・外部の人とコラボレーションして新しい発想を得たい
・社員の商品開発力を強化したい
・独自技術から次の主力となる商品を開発したい

      

商品開発/新規事業開発のための無料動画 「最強の商品企画法とは?!」その1

「最強の商品企画法とは?!」その1では、シリーズの全体概要をご覧いただけます。

新商品/新規事業の企画・開発に、タッチしているがうまくいかない方、タッチしたいのでスキルアップを目指したい方、関心がある社会人の方、従事したい学生の方向けに、神田会長がわかりやすく解説しています。

「最強の商品企画法とは?!(その1・全体の概要)」9分29秒

              

          

商品開発/新規事業開発のための無料動画 「最強の商品企画法とは?!」その2

「最強の商品企画法とは?!」その2では、Neo P7の概要をご覧いただけます。

「Neo P7」とは、ネオピーナナまたはネオピーセブンと読みます。定性手法と定量手法をバランス良く組み合わせた再現性のあるシステマティックな商品企画法です。神田範明(かんだのりあき)〔JMLA会長、成城大学名誉教授〕が開発した商品企画法です。神田が「Neo P7」の開発に携わり始めた当初は、国内にも世界にもシステマティックな商品企画法に関する文献や論文が見当たらなかったそうです。「Neo P7」は日本初(世界初)のシステマティックな商品企画法です。

「最強の商品企画法とは?!(その2・Neo P7の概要)」8分48秒

         

アーカイブはこちらからご覧になれます

これまでの動画は、WAKUラボ【動画コンテンツ一覧】からご覧いただけます。

      

             

2023年2月と3月に無料セミナーを開催します!

2023年2月15日&3月15日、無料オンラインセミナーを開催いたします。

詳細確認・お申込みはこちらからどうぞ↓

人と社会に寄り添う商品開発~顧客の潜在ニーズをどのように発見し検証するか~無料オンラインセミナー2023年2月15日/3月14日 主催:日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA) WAKU WAKU 創造 LABO(WAKUラボ)

●開催日時:

2023年2月15日(水) 15:00~17:00

2023年3月15日(水) 15:00~17:00

●受講料:

無料(事前登録制)

●プログラム:

人と社会に寄り添う商品開発~顧客の潜在ニーズをどのように発見し検証するか~

以下のことを学ぶことができます。

【1】プレトークから開発者の人柄を知れる!?
【2】花王の紙おむつ「メリーズ」ヒットの秘密
【3】 潜在ニーズを発見し検証する7プロセスの進め方

         

商品開発や新規事業開発にお役立ください!