JMLAマーケティング解析士 プロフェッショナル アナリスト

JMLAマーケティング解析士 プロフェッショナル アナリスト

JMLAマーケティング解析士 プロフェッショナル アナリストとは

数字を扱うことに抵抗がなくなります。
自ら仮説を設定し、分析ができる人材を育成するため、定量データ分析の目的と基本体系を理解していただきます。

現在はインターネット調査での顧客のニーズや総務省の統計データなどによる消費実態や将来需要などが把握しやすい環境になってきています。これらのデータ分析を効果的に行うことでビジネスのチャンスロスを回避できるのも事実です。データ分析などで仮説検証を行うことで、マーケティングアナリストに必要なスキルを体系的に習得します。

講座

分析の基本である単純集計やクロス集計の目的から、統計解析を活用した分析方法を体系的に学びます。パソコンを使用し、実際のデータで分析を実施することで分析ノウハウと分析後の活用視点を理解できます。

なお、分析に関しては当協会が提供するEXCELベースの分析ツールを使用し、最終的な評価レポートについても例をもとに解説いたしますので、分析を行ったことのない方も受講いただくことでスキルを習得できます。

取得メリット

  • 分析に必要な視点とスキルを基礎から学ぶことが出来ます。
  • 分析がどのようなビジネスで使えるかを学べます。
  • 消費者が商品・サービスを必要な理由である潜在ニーズで市場をセグメントする方法を学べます。
  • 潜在ニーズ別のセグメントからターゲット設定までの方法を実際に分析し、結果を考察することができます。
  • 消費者が抱えている潜在的な課題の抽出プロセスを理解することができます。

シラバス(講座概要)ダウンロード

講座概要の詳細をご利用の方はこちらのファイルをダウンロードしてお使いください。

講座スケジュール

受付
日程
休日2日コース
日付
2018年10月20日(土)
13:00~19:00
2018年10月21日(日)
13:00~19:00
開催住所
東京都中央区湊二丁目6-4 
RKビル2階 セミナールーム
講師
千野直志
主催
JMLA
定員数
12




受付
日程
休日2日コース
日付
2018年9月8日(土)
13:00~19:00
2018年9月9日(日)
13:00~19:00
開催住所
東京都中央区日本橋馬喰町2-2-6
朝日生命須長ビル7階 セミナールーム
講師
千野直志
主催
JMLA
定員数
12




受付
日程
休日2日コース
日付
2018年6月16日(土)
13:00~19:00
2018年6月17日(日)
13:00~19:00
開催住所
東京都中央区日本橋馬喰町2-2-6
朝日生命須長ビル7階 セミナールーム
講師
千野 直志
主催
JMLA
定員数
12

認定資格講座費用

151,200

140,00011,200

23,760

22,0001,760

174,960

162,00012,960

※プロフェッショナルコースを2講座以上認定の方は、2講座目以降の認定料は2,000円引きとなります。

年会費

8,640

8,000640

※年会費は、プロフェッショナル以上の資格認定者は必須です。
※お一人1回/年のお支払いとなります。
※初年度は必須、次年度以降の年会費のお支払いは任意です。

再試験

再試験の場合、別途費用が追加で必要となります。

21,600

20,0001,600

カリキュラム

1.分析の基礎を学ぼう

  1. 数字で把握する目的(講義)
  2. 単純集計で見えること(講義・演習)
  3. クロス集計で見えること(講義・演習)
  4. 各種分析をビジネスでどのように使うかを理解(講義)

2.顧客ニーズで施策を展開するための分析

  1. 潜在ニーズの把握が必要な理由(講義)
  2. 潜在ニーズ把握の分析(講義・演習)

3.課題を見つけるための『アンケート作り』

  1. 課題と調査目的の明確化(講義)
  2. 調査項目抽出と調査項目設定シート作成(講義)
  3. アンケート作成時の注意点(講義)

重回帰分析の活用例

重回帰分析の活用例

潜在ニーズ把握の分析例

重回帰分析の活用例

調査項目設定シート

重回帰分析の活用例

終了レポート(ターゲット別施策レポートの作成と仮説立案アンケート作成)

認定試験はレポートとなります。レポート提出期日(約1週間)までに提出いただきます。審査結果はメールにてお知らせをいたします(約2週間)。

キャンセル

受講キャンセルは14日前までとなります。

14日未満の場合は、お客様都合でのキャンセルは致しかねます。予めご了承ください。

認定者用コンテンツ

認定者用コンテンツ