JMLAマーケティング解析士 プロフェッショナル セールス

JMLAマーケティング解析士 プロフェッショナル セールス

JMLAマーケティング解析士 プロフェッショナル セールスとは

B2Bマーケティングの基礎を理解し、企業間取引における基本的な販売戦略の企画・立案のシナリオを立てられる人を育成します。

講座

企業間商取引(ビジネス)における「販売(セールス)」業務の『提案~交渉~販売~アフターフォロー』という一連の活動に、マーケティング的思考を加えて、実務知識とレベルを向上させる講座です。

取得メリット

企業間取引において販売戦略の立案・実行が実務に活かせます。

  • B2Bマーケティングの基礎知識が理解できます。
  • 販売業務の『提案~交渉~販売~アフターフォロー』という一連の流れが理解できるようになります。
  • マーケティング思考による販売戦略と戦術が立案・企画できる人材にレベルアップします。
  • 販売業務の質が大幅に向上することが期待できます。

シラバス(講座概要)ダウンロード

準備中です。

講座スケジュール

受付
日程
休日2日コース
日付
2020年06月27日(土)
13:00~19:00
2020年06月28日(日)
13:00~19:00
開催住所
オンライン
講師
亀川 賢治
主催
JMLA
定員数
4




受付
日程
休日2日コース
日付
2020年09月26日(土)
13:00~19:00
2020年09月27日(日)
13:00~19:00
開催住所
東京都中央区湊2ー6ー4
RKビル2階セミナールーム
「オンライン参加」「会場参加」
ご希望の方法を選択いただけます。
詳細は下記「実施方法について」
をご確認ください。
講師
亀川 賢治
主催
JMLA
定員数
5




日程
休日2日コース
日付
2020年11月28日(土)
13:00~19:00
2020年11月29日(日)
13:00~19:00
開催住所
東京都中央区湊2ー6ー4
RKビル2階セミナールーム
「オンライン参加」「会場参加」
ご希望の方法を選択いただけます。
詳細は下記「実施方法について」
をご確認ください。
講師
亀川 賢治
主催
JMLA
定員数
5

実施方法について

「会場参加」「オンライン」とご希望の受講方法をお選びいただけます。同日、「会場参加」「オンライン」と両方の実施方法を併用して開催をいたします。
お申し込みの際、「ご意見・ご要望」欄に、ご希望の受講方法「会場参加」または「オンライン」のいずれかをご入力の上、お申込みください。

「オンライン」による実施方法について

「オンライン」でのセミナー開催の実施方法は、zoom(zoomミーティング)を活用いたします。

接続方法が不明な方は、事前に接続テストをさせていただきますのでご安心ください。

「会場参加」による実施方法について

「会場参加」によるセミナー開催は、以下の方針にて開催を執り行います。

  • 小規模人数での開催
  • 実習時着用フェイスシールドを用意
  • 入り口にアルコール消毒液を設置
  • セミナールーム・ドアノブ・机の消毒徹底
  • ウイルス対策としてセミナールームの換気(窓開け)

席の間隔をあけて受講できる体制にします。 ご来場の皆さまにおかれましては、「手洗い」や「マスクの着用」「うがいの励行」などの感染症予防対策へのご協力をお願い致します。

開催会場: 東京都中央区湊二丁目6-4 RKビル2階 セミナールーム

費用

受講料
154,000円
税抜価格 140,000円 消費税 14,000円

認定料
33,000円
税抜価格 30,000円 消費税 3,000円

合計金額
187,000円
税抜価格 170,000円 消費税 17,000円

※プロフェッショナルコースを2講座以上認定の方は、2講座目以降の認定料は2,000円引きとなります。

※「年会費」
・合格されて資格を取得された年の1年間は自動的にJMLA会員として登録されます。
・次年度より年会費をご納入いただくことでJMLA会員をご継続いただけます。
・年会費は、税別8,000円/年です。

再試験

再試験の場合、別途費用が追加で必要となります。

再試験費用
22,000円
税抜価格 20,000円 消費税 2,000円

カリキュラム

1.顧客のメリット

    • 顧客 のメリットとは何か?

・顧客のメリット
・顧客のニーズは?
・顧客の目的は?
・法人顧客の基本的メリットは?
・自社の何を証明する?

2.顧客を知る

    • 顧客の価値観と組織

・企業のセグメント
・セグメンテーションとターゲティング
・部署と個人
・個人(ペルソナ)事例
・セグメントとペルソナ
・ペルソナ設計の考え方
・顧客組織の意思決定プロセスから戦略を立てる
・顧客企業の人物相関図分析例
・顧客企業との取引分析からの戦略要素

3.顧客の顧客を知る(B2B2C)

    • 顧客のベネフィットとは?

・顧客のその先にいる顧客を見る(B2B2C)
・顧客フェーズに合わせて伝えるものがある
・それぞれの層に対して伝えるべき内容例
・それぞれの層の視点の違いを理解する
・「最後のC」への販売支援
・「最後のC」のセグメンテーション

4.戦場・競合の把握

    • 戦場・競合 Battlefield

・M社SWOT分析【例】
・「戦場・競合」=「顧客の選択肢の集合」
・顧客の競合利用状況を知る
・営業担当者の行動管理

5.選ばれる理由を作る

    • 自社の強みを知る。

・顧客が競合でなく自社を選ぶ理由
・顧客が選ぶ理由=自社の強み
・一貫性が重要
・差別化ポイント

6.自社の強みを伝える

    • 独自資源とはなにか?
    • メッセージとして、何を誰に伝えるのか?

・「強み」=顧客が選ぶ理由
・「魅力」=出来ること×メッセージの訴求力
・一貫性
・具体性
・台詞(説明の順番)
・B2Bの「あげる商品」は「情報」
・実践の準備

7.「選ばれる」から「頼られる」とは?

    • 自社が顧客にとってどのような存在になるのか?

・ケーススタディ
・顧客企業の言葉
・「お客様に選ばれる」ための5つのポイント
・お客様の「独自資源」として、「頼られる存在」に

※講義を中心に、提示した課題についてディスカッションを行う。

テキスト・参考資料

  • テキスト:当日配布(レジメ)
  • 参考資料:佐藤義典著「実践BtoBマーケティング」

成績評価方法

講義中のディスカッション(30%)終了後のレポート提出(70%)

その他特記事項

『JMLAマーケティング解析士 プロフェッショナル ヒューマンコミュニケーション』講座の第2部・3部と関連性あり。

キャンセル

受講キャンセルは14日前までとなります。

14日未満の場合は、お客様都合でのキャンセルは致しかねます。予めご了承ください。

受講生の声

JMLA マーケティング解析士 プロフェッショナル 感性:受講者の声
顧客を知る事の重要さを再認識した。情報整理を怠ると、後々の提案がつまずいてしまうのは感じていたが、そこを再認識できた。顧客のベネフィットは大事である。客先訪問に、しっかりと目標が持てる。相関図は必ず作りたい。社内の情報共有化に向けて社内向け企画書を書いてみようと思う。顧客のベネフィットを目標とした企画書を書いてみようと思う。
(広告業 株式会社サンライト ディレクター 永倉 全司 様)
JMLA マーケティング解析士 プロフェッショナル 感性:受講者の声
講義で使われている資料の質に驚かされます。今回改めてセールスという自身に直結する講座でしたが、こういうプロセスで考えたことが無かったし勉強になりました。課題についての助言がより具体的で実践できると思いました。

認定者用コンテンツ

認定者用コンテンツ

『資格講座体系』に戻る