JMLAマーケティング解析士 プロフェッショナル ヒューマンコミュニケーション

固定ページを表示

JMLAマーケティング解析士 プロフェッショナル ヒューマンコミュニケーション

JMLAマーケティング解析士 プロフェッショナル ヒューマンコミュニケーション

ITの進歩とインターネットの普及により、日常生活も職場環境も大きく変化しています。便利な世の中を享受する反面、苦手になってきているのが人とのコミュニケーションです。『プロフェッショナル ヒューマンコミュニケーション』は、ビジネスにおいて「円滑なコミュニケーション」を図ることができる能力習得を目指す資格講座です。

講座

「きく力」と「伝える力」双方のスキルを習得し、コミュニケーション能力を高め、組織・人の生産性を高めることを目指す講座です。
組織内のリーダーの方は部下のコミュニケーション指導にもお役立ていただけます。

・きく力
(3つの「きく」の違いを理解し、聴く・訊く力を養います)
聞く ・・・ 周囲の声、会話を聞く
聴く ・・・ 視聴、聴取など身を入れて聴く
訊く ・・・ 相手の行動を変える質問ができる

・伝える力
相手 ・・・ 伝えるターゲットそれぞれの層の視点の違いを理解する
方法 ・・・ プレゼンテーションの場面と種類による対応を理解する
内容 ・・・ プレゼンテーションで人を動かす力を養う

取得メリット

ビジネスにおけるコミュニケーション能力を向上することができます。

  • 自分のコミュニケーションパターンに気づくことができる
  • 「聞く力」を得られる
  • 「伝える力」を得られる
  • コミュニケーション能力を高め、組織・人の生産効率を高めることができる

シラバス(講座概要)ダウンロード

講座概要の詳細をご利用の方はこちらのファイルをダウンロードしてお使いください。

講座スケジュール

受付
日程
平日2日コース
日付
2019年10月1日(火)
13:00~19:00
2019年10月8日(火)
13:00~19:00
開催住所
東京都中央区湊二丁目6-4 
RKビル2階 セミナールーム
講師
亀川 賢治
主催
JMLA
定員数
10




受付
日程
休日2日コース
日付
2019年12月7日(土)
13:00~19:00
2019年12月8日(日)
13:00~19:00
開催住所
東京都中央区湊二丁目6-4 
RKビル2階 セミナールーム
講師
亀川 賢治
主催
JMLA
定員数
10




日程
休日2日コース
日付
2020年1月25日(土)
13:00~19:00
2020年1月26日(日)
13:00~19:00
開催住所
東京都中央区湊二丁目6-4 
RKビル2階 セミナールーム
講師
亀川 賢治
主催
JMLA
定員数
10

費用

受講料
154,000円
税抜価格 140,000円 消費税 14,000円

認定料
24,200円
税抜価格 22,000円 消費税 2,200円

合計金額
178,200円
税抜価格 162,000円 消費税 16,200円

※プロフェッショナルコースを2講座以上認定の方は、2講座目以降の認定料は2,000円引きとなります。

年会費

年会費
8,800円
税抜価格 8,000円 消費税 800円

※年会費は、プロフェッショナル以上の資格認定者は必須です。
※お一人1回/年のお支払いとなります。
※初年度は必須、次年度以降の年会費のお支払いは任意です。

再試験

再試験の場合、別途費用が追加で必要となります。

再試験費用
22,000円
税抜価格 20,000円 消費税 2,000円

カリキュラム

1.「きく力」(聞く、聴く、訊く)

1.「聞く」力を磨くために

  1. インタビュー・スキル
  2. アイスブレークとラポールの構築
  3. 聞くこと阻む壁
  4. 3つの聞く
  5. 聞く力のステップ
  6. きどにたちかけせし衣・食・住
  7. プロファイリングシート
  8. 座る位置
  9. 4つの聞くモード
  10. 相手に話す構えをとってもらうための3M

WS1(演習)

2.「聴く」力を磨く

  1. 聴く力のステップ
  2. What’s仮説思考
  3. 空・雨・傘の仮説思考
  4. 状況説明と仮説の違い
  5. 聴く立場
  6. 聴くフォメーション
  7. 3×3(耳)のマトリクス
  8. 聴くテクニック活用例
  9. 見解を深める質問
  10. 聴き方の対比

WS2(演習)

3.「訊く」力を磨く

  1. 4つの不のステージで何を訊くか
  2. 相手の意思を強めるための訊き方
  3. インタビューの実践と手法
  4. インタビューの種類と目的
  5. インタビューシートを考える
  6. 事前準備を考える
  7. キラークエスチョンを考える

WS3(演習)

2.「伝える力」

1.対象の特定

  1. プレゼンテーションとは何か?
  2. 顧客フェーズに合わせて伝えるものがある
  3. それぞれの層に対して伝えるべき内容例
  4. それぞれの層の視点の違いを理解する

WS1(演習)

2.テーマ・シナリオ

  1. シナリオは”起承転結”を入れる
  2. サクセスストーリーとホラーストーリー
  3. 課題提起
  4. ドラマになったプレゼンテーション

WS2(演習)

3.スライド作成、デモ作成

  1. コミュニケーションする資料・提案書作成
  2. フォーマット
  3. 表紙・裏表紙・ヘッダ・フッタ
  4. スライド作成ルール
  5. 必ず注目されるのは
  6. デモの場合には

WS3(演習)

4.当日までの準備

  1. プレゼンテーションの準備
  2. デモンストレーションは
  3. 直前準備
  4. 数分前準備

WS4(演習)

5.本番

  1. 言動・所作
  2. 最初の言葉/最後の言葉
  3. あいさつ
  4. イントロダクション
  5. ネタは必要、偶然では生まれない
  6. 視点
  7. 言葉遣いマジック
  8. 台本の基本
  9. スライドテクニック
  10. プレゼンテーターの本質
  11. プレゼンテーションの作法
  12. 上級テクニック

WS5(演習)

成績評価

  • 講義中のディスカッション及び終了後のレポート評価

キャンセル

受講キャンセルは14日前までとなります。

14日未満の場合は、お客様都合でのキャンセルは致しかねます。予めご了承ください。

受講生の声

JMLA マーケティング解析士 プロフェッショナル 感性:受講者の声
2日間有難うございました。受講前はロープレとか演習が多そうだなと思っていました。実際に受けてみると、なるほど、こんなスキルがあるのかと意外に思いましたし、聞き方一つで全然別の回答を掘り出せると大変勉強になりました。実際自身のヒアリングに使え、色々な引き出しが出せると楽しみです。部下への指導という点でも大いに役立つ内容でした。

認定者用コンテンツ

認定者用コンテンツ

『資格講座体系』に戻る