JMLA 商品企画士 プロフェッショナル

JMLA商品企画士プロフェッショナル

JMLA商品企画士プロフェッショナルとは

感動商品の創出、ヒット商品を生むために開発された商品企画七つ道具を用いて、確実にヒットを生む「商品企画の立案」を行い「製品戦略の成果」に結び付けることができる能力習得を目指す資格講座です。

講座

ご要望に応える2つのコース

しっかりじっくり身につける「6ヶ月間コース」 と、時間のない忙しい方向け短期「2日間コース」をご用意して皆様の参加をお待ちしております。

「6ヶ月間コース」「2日間コース」どちらのコースも、感動商品を生むためのメソッド『Neo P7』の中に登場する定量分析の際は、分析ソフトを使用します。
講座中に使用した分析ソフトは、受講後すぐに実務でもご使用し続けることが可能です。
操作方法につきましても、講座中に丁寧に解説いたしますので、ご安心ください。

6ヶ月間・しっかり習得

感動商品を生むためのメソッド『Neo P7』を正確に深く理解するためのカリキュラム構成で、6か月(全12回)かけてじっくり取り組みスキルを習得します。

講座受講時間が40時間超あり、加えて次講座までにチームで取り組む課題にかける時間を含めると、大変充実した体験ができます。

魅力ポイント
  • 1. 開発者・神田教授の直接指導

    感動商品を生むためのメソッド『Neo P7』の開発者である神田範明教授から直接、指導を受けることができます。

  • 2. 若い感性と切磋琢磨

    月2回の講座で、向学心のある学生(※)と社会人がグループを作り、一緒にディスカッションしながら希望するテーマで商品企画の実践学習を行います。 (※)「6ヶ月・しっかり習得コース」は、学生の参加も可能です。

  • 3. チーム企画

    チームで新商品の企画を実践さながら体験できます。試験は、チームで企画した新商品の発表です。チーム一丸となって新商品の企画に取り組むことができます。

  • 4. 産学協同研究に参加

    当協会が主宰する、本物の商品企画活動(産学協同研究:「ワクラボ」の「実践プロジェクト」)に参加するための推薦を受けやすくなります。

対象者
  1. 社会人
  2. 大学生・大学院生
2日間・短期習得

忙しく時間が無い中でも、感動商品を生むためのメソッド『Neo P7』の習得を目指す方のためのカリキュラム構成で、2日間12時間の集中講座です。

『Neo P7』すべての手法の要点を的確に学ぶことができます。

魅力ポイント
  • 1. システマティックな体系

    感動商品を生むためのメソッド『Neo P7』は、多くの企業で実践され、経験と研究成果を生かして改良を繰り返し完成したシステマティックな体系です。この体系を2日間で習得することができます。

  • 2. 短期習得型

    短期間で、体系的なメソッドの知識・スキル習得が必要な方には、最適です。
    受講後、直ぐに活用できます。

  • 3. 経験豊富な講師

    「講師は、石川朋雄氏(JMLA専任講師)で、『Neo P7』開発者である神田範明教授の愛弟子です。神田教授と共に産学協同研究に数多く携わった経験を持ち、多様な事例を学ぶことができます。

  • 4. 個人レポートによる企画

    試験は、商品企画のレポート作成で、個人個人、自分のペースでレポート作成に取り組むことができます。

対象者

受講対象者は、「社会人」の方です。

6ヶ月間・しっかり習得コース

取得メリット

商品企画を必ず成功させるシステマティックな手法を使いこなせます。

  • 右脳的(感覚的・直感的・言語的)手法と左脳的(論理的・統計的・数量的)手法を組み合わせた七つの手法を活用できます
  • 裏付けに基づいた説得力のある商品企画を実現できます
  • 企画能力が飛躍的に高まります
  • 「6ヶ月間・しっかり習得」コースに参加し、試験に合格し、『商品企画士🄬プロフェッショナル』の資格を取得すると、当協会が主宰する、本物の商品企画活動(産学協同研究:「ワクラボ」の「実践プロジェクト」)に参加するための推薦を受けやすくなります

シラバス(講座概要)ダウンロード

準備中です。

講座スケジュール

日程
6ヵ月コース
日付
開始日:2020年04月11日(土)…13:00~17:30
※スケジュールは各月第2・4週です。
開催住所
東京都中央区
八丁堀4-10-8 第3SSビル5階
㈱コーディネート・パートナーズ
感性分析支援センター
講師
神田 範明
主催
JMLA
定員数
20

お申込み人数、社会人4名様以上から講座を開催いたします。

スケジュール

  • 2020年04月11日(土)…13:00~17:30
  • 2020年04月25日(土)…15:00~17:30
  • 2020年05月09日(土)…13:00~17:30
  • 2020年05月23日(土)…13:00~17:30
  • 2020年06月06日(土)…15:00~17:30
  • 2020年06月20日(土)…13:00~17:30
  • 2020年07月04日(土)…13:00~17:30
  • 2020年07月18日(土)…15:00~17:30
  • 2020年08月01日(土)…13:00~17:30
  • 2020年08月23日(日)…15:00~17:30
  • 2020年09月12日(土)…13:00~17:30
  • 2020年09月26日(土)…15:00~17:30

費用 …… 社会人

受講料
167,970円
税抜価格 152,700円 消費税 15,270円

認定料
24,200円
税抜価格 22,000円 消費税 2,200円

年会費
8,800円
税抜価格 8,000円 消費税 800円

合計金額
200,970円
税抜価格 182,700円 消費税 18,270円

※「認定料」
・プロフェッショナルコースを2講座以上認定の方は、2講座目以降の認定料は2,000円引きとなります。

※「年会費」
・年会費は、プロフェッショナル以上の資格認定者は必須です。
・お一人1回/年のお支払いとなります。
・初年度は必須、次年度以降の年会費のお支払いは任意です。

費用 …… 学生

受講料
85,470円
税抜価格 77,700円 消費税 7,770円

認定料
13,200円
税抜価格 12,000円 消費税 1,200円

年会費
4,400円
税抜価格 4,000円 消費税 400円

合計金額
103,070円
税抜価格 93,700円 消費税 9,370円

※「受講料」:学割5割引となります。

※「認定料」:学割10,000円引となります。

※「年会費」:学割5割引となります。

※「年会費」
・年会費は、プロフェッショナル以上の資格認定者は必須です。
・お一人1回/年のお支払いとなります。
・初年度は必須、次年度以降の年会費のお支払いは任意です。

再試験

再試験はレポート作成・提出となります。
再試験の場合、別途費用が追加で必要となります。

再試験費用
22,000円
税抜価格 20,000円 消費税 2,000円

カリキュラム

第1月

潜在ニーズ仮説を大量に創る

Neo P7 手法

  • 仮説発掘法・アイデア発想法
  • ノートパソコン(△必要となる可能性が高い)
第2月

良好な仮説を選び、確認する

Neo P7 手法

  • インタビュー調査
  • アイデア選択法
  • ノートパソコン(〇必要)
  • 使用ソフトウェア(Windows): EXCEL
第3月

選ばれた仮説を正確に評価する

Neo P7 手法

  • アンケート調査
  • スネークプロット、CSポートフォリオ
  • ノートパソコン(◎必須)
  • 使用ソフトウェア(Windows) : かんたんプランナー(R言語)
第4月

見やすい図で顧客の望む最適方向を求める

Neo P7 手法

  • ポジショニング分析
  • 因子分析、クラスター分析
  • ノートパソコン(◎必須)
  • 使用ソフトウェア(Windows) : かんたんプランナー(R言語)
第5月

最高のコンセプト案を決定する

Neo P7 手法

  • コンジョイント分析
  • 直交表、クラスター分析
  • ノートパソコン(◎必須)
  • 使用ソフトウェア(Windows) : かんたんプランナー(R言語)
第6月

プレゼンテーション法、最終発表

Neo P7 手法

  • ノートパソコン(◎必須)
  • 使用ソフトウェア(Windows) : Power Point

成績評価

最終発表のプレゼンテーションおよび講座参加状況による評価

感動商品を生み出すメソッド『Neo P7』

感動商品を生むためのメソッド『Neo P7』。
多くの企業で実践され、経験と研究成果を生かして改良を繰り返し完成したシステマティックな体系です。

Neo P7

『Neo P7』の開発者、神田範明(成城大学経済学部経営学科教授)プロフィール

大学生・大学院生のみなさまへ

「商品企画」は非常に魅力的な職種です。

①企業活動の中で最も重要な役割を演じます。

何しろ、商品企画マンが決めた新商品が、会社の今後の発展(あるいは没落?)を決めるのです。会社という大きな組織の運命を託された最重要の前線です。

②すてきな商品(サービスを含む)を創り皆を喜ばせる仕事です。

あなたが創った商品をお客様が手に取り、感嘆しているところを想像してください。消費者(または企業)を感動させる商品を企画することで自分も感動する、それが企画マンの無上の喜びです。

③謎解き的な、パズル的な、発明的な仕事、知的格闘技です。

実際の企画はいろいろな層からの要求や制限が入り込み複雑です。これらを上手にバランスを取りながら優先順位を決め、結論を出すのが有能な企画マンです。知的格闘技といってよいでしょう。

商品企画では知的かつ感性的な能力と技術(スキル)を要求され、大学ではほとんど学べません。無論、全部備わった人などそういるわけではないので、鍛えればいいのです。現実の企画マンもいろいろ悩みながら、勉強しています。

企業の方と一緒に実践的に学べるコースは、当会が主宰する「ワクラボ」の「学びコース」である資格講座『商品企画士プロフェッショナル』(6ヶ月・しっかり習得コース)以外に存在しません。
この講座では、企業人と大学生が机を並べ、グループディスカッションをしながら6ヶ月間かけて商品企画の各種スキルを学び、試験に合格すると
『商品企画士プロフェッショナル』 資格を取得できます。

取得された方は、当協会が主宰する、本物の商品企画活動(産学協同研究:「ワクラボ」の「実践プロジェクト」)に参加するための推薦を受けやすくなります。
希望により、本物の商品企画活動に従事していただきます(若干の手当も支給)。

これは皆さんの大いなる実績となり、強い自信を生み、就職活動への最高の武器となり、就職後も商品企画分野への配属の可能性を高めてくれます。

キャンセル

受講キャンセルは14日前までとなります。

14日未満の場合は、お客様都合でのキャンセルは致しかねます。予めご了承ください。

2日間・短期習得コース

取得メリット

商品企画を必ず成功させるシステマティックな手法を使いこなせます。

  • 右脳的(感覚的・直感的・言語的)手法と左脳的(論理的・統計的・数量的)手法を組み合わせた七つの手法を活用できます
  • 裏付けに基づいた説得力のある商品企画を実現できます
  • 企画能力が飛躍的に高まります

シラバス(講座概要)ダウンロード

講座概要の詳細をご利用の方はこちらのファイルをダウンロードしてお使いください。

講座スケジュール

日程
平日2日コース
日付
2020年04月07日(火)
13:00~19:00
2020年04月14日(火)
13:00~19:00
開催住所
東京都中央区湊二丁目6-4 
RKビル2階 セミナールーム
講師
石川  朋雄
主催
JMLA
定員数
10




日程
休日2日コース
日付
2020年06月13日(土)
13:00~19:00
2020年06月14日(日)
13:00~19:00
開催住所
東京都中央区湊二丁目6-4 
RKビル2階 セミナールーム
講師
石川  朋雄
主催
JMLA
定員数
10




日程
平日2日コース
日付
2020年08月18日(火)
13:00~19:00
2020年08月25日(火)
13:00~19:00
開催住所
東京都中央区湊二丁目6-4 
RKビル2階 セミナールーム
講師
石川  朋雄
主催
JMLA
定員数
10

費用

受講料
88,000円
税抜価格 80,000円 消費税 8,000円

認定料
24,200円
税抜価格 22,000円 消費税 2,200円

合計金額
112,200円
税抜価格 102,000円 消費税 10,200円

※プロフェッショナルコースを2講座以上認定の方は、2講座目以降の認定料は2,000円引きとなります。

年会費

年会費
8,800円
税抜価格 8,000円 消費税 800円

※年会費は、プロフェッショナル以上の資格認定者は必須です。
※お一人1回/年のお支払いとなります。
※初年度は必須、次年度以降の年会費のお支払いは任意です。

再試験

再試験の場合、別途費用が追加で必要となります。

再試験費用
22,000円
税抜価格 20,000円 消費税 2,000円

カリキュラム

1日目

第一章 システマティックな商品企画とは

講義

  1. 商品企画七つ道具(P7)とは

第二章 新商品企画七つ道具(NeoP7)とは

講義

  1. 仮説発掘重視型商品企画方法とは

第三章 新商品企画七つ道具(1)仮説発掘法

講義

  1. 仮説発掘法とは
  2. フォト日記調査とは

講義・演習

  1. 仮説発掘アンケートとは
  2. 仮説発掘アンケートの手順
  3. 仮説発掘アンケートの実習

第四章 新商品企画七つ道具(2)アイデア発想法

講義・演習

  1. アイデア発想法とは
  2. アイデア発想法の解説
  3. アイデア発想法の手順
  4. アイデア発想法の実習

第五章 新商品企画七つ道具(3)インタビュー調査

講義

  1. インタビュー調査とは
  2. グループインタビューとは

講義・演習

  1. 評価グリッド法とは
  2. 評価グリッド法の手順
  3. 評価グリッド法の実習

第六章 新商品企画七つ道具(4)アンケート調査

講義・演習

  1. アンケート調査とは
  2. アンケート調査の解説
  3. アンケート調査の手順
  4. アンケート調査の実習
2日目

第七章 ソフトウェア「P7かんたんプランナー」の紹介と実習

講義・演習

  1. ソフトウェアの操作実習

第八章 新商品企画七つ道具(5)ポジショニング分析

講義・演習

  1. ポジショニング分析とは
  2. ポジショニング分析の解説
  3. ポジショニング分析の手順
  4. ポジショニング分析の実習

第九章 新商品企画七つ道具(6)コンジョイント分析

講義・演習

  1. コンジョイント分析とは
  2. コンジョイント分析の解説
  3. コンジョイント分析の手順
  4. コンジョイント分析の実習

第十章 新商品企画七つ道具(7)品質表

講義

  1. 品質表とは

第十一章 新商品企画七つ道具の事例

講義

  1. 活用事例紹介

第十二章 レポート作成法

  1. プロフェッショナル認定レポート課題について

成績評価

  • 終了後のレポート内容による評価

キャンセル

受講キャンセルは14日前までとなります。

14日未満の場合は、お客様都合でのキャンセルは致しかねます。予めご了承ください。

受講生の声

JMLA マーケティング解析士 プロフェッショナル アナリスト:受講者の声
商品企画の理論や各種ツールがとても良く組み立てられていて、実務で役立つ内容ばかりでした。事例も豊富に説明してくださり、勉強になりました。自社およびクライアントへのコンサル業務でも役立つと感じます。
JMLA ベーシック パスポート:受講者の声
数字やグラフで証明できるので説得力がある提案ができる。社内で案を募ったあと、どれが一番可能性があるのか商品以外のところでも使えそうな気がした。
(印刷業 部長)
JMLA マーケティング解析士 プロフェッショナル 感性:受講者の声
商品企画がどのような流れで進むのか理解した。今までの発想と全く違い、勉強になった。企画案が出来上がり(中略)強い商品力をもつ事が出来ると思う。
(製造業)

認定者用コンテンツ

認定者用コンテンツ