日本マーケティング・リテラシー協会からセミナーのお知らせです。

【無料 7/5(水)】<価値創造マーケティング>
あなたの提案力が、1ランク2ランク向上するプレゼンシートに変わるマーケティング講座

セミナー概要

仮説推論から感性価値や新しい機会を創造する。

1. 今なぜマーケティングが必須なのか
2. 多様・多量なデータを使いこなす
3. 隠れた感性価値をあぶり出す
4. 感性データ活用が事業成果を生む
5. 知識を知恵に変える

※日本発、唯一の感性マーケテイング資格講座

こんな方に

・営業提案力を強化したい方
・トップへのプレゼンテーション力を強化したい方
・アンケートやWebサイトから取得した「お客様の声」をマーケティングに活用したい方 
・マーケティング・セグメンテーションを的確に行いたい方 
・ビッグデータを扱う際、定性データを活用したい方
・マーケティングオートメーションを、自動化ツールではなく事業戦略の視点から活用を考えることができるようになりたい方
・「社内の意見」を戦略に活かしたい方
・マーケティングレポート作成能力を強化したい方

セミナー内容

日々のセールス・マーケティング業務の中で抱えている課題に対して、
JMLAマーケティング解析士を取得することで、何を解決できるのかについて解説いたします。

<『JMLAマーケティング解析士』とは>

消費環境は、「成熟時代」で「物からコトへ変化したから
顧客価値を見出せ」と言われているが、
これまでのデータ分析の方法ではなかなか顧客価値を見い出せない・・・、
 
ビジネス環境は、「ビッグデータ」が重要キーワードの1つになり
テクノロジーが進化し続け、情報量も増え続けているが、
本当に顧客と向き合えているのか・・・、
 
さまざまなマーケティングソリューションツールを使って効率的なセールスマーケティングを
実現することを目指してはいるものの・・・、
現場とギャップはないか・・・、

このような環境では、まず、人間の根源的欲求を理解する必要があります。
 
そのためには定量データの分析はもとより、
人間の感性(KANSEI)を把握することが鍵になり
感性データの解析力が不可欠です。
 
「KANSEI」は、世界で通じる言葉です。
 
『JMLAマーケティング解析士』とは、
新しい価値を産み出し事業に成果を与える
マーケティングの専門家です。
 
『JMLAマーケティング解析士』認定資格講座では、
日々収集される多量の定量・定性データから
マーケティング戦略を策定するノウハウと実践方法を、
事例と演習を通して体系的に学びます。
 
何を見るために、
どのデータを使って、
分析結果をどう読み取って、
どんな対策をとるか、
データは定量×定性の両輪で、
ツールは最小限、考え方を身に着ける、視点に気づく。
知識を知恵に変える、トッププレゼン力を磨く、
ノウハウ、実践力を習得します。

講師

森田 広一(JMLA代表理事)

 大学時代に芸術心理学を学び広告代理店に入社、
 その後コンサルティングファーム役員経験を経て、
 2012年一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会
 (JMLA:Japan Marketing Literacy Association)を設立、
 代表理事就任。

 20年以上に渡り感性情報を活用した分析により、
 各種企業様のマーケティング活動をお手伝いしてきた中で、
 その有用性を証明してきました。
 
 実務経験に基づき、事例などを交えて説明し、
 初心者の方にもわかりやすく伝えることを
 心がけています。

■お申込み■
『お申込みはこちら』

マーケター、WEBコンサルタント、営業で活躍するための
感性マーケティングを体系的に学べる 認定資格講座

『JMLAマーケティング解析士』はこちら
『JMLA商品企画士』はこちら
一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会[JMLA]