★感性マーケティンブログ★『STP』によるニッチ戦略は、中小企業成功の秘訣。

2018年03月28日森田 広一

ファッション市場で、1万円のバレエシューズが売れているそうです。

靴としては高くもなく、安くもなくという価格と感じ、なぜ売れているのか気になったので、少し調べてみました。

するとそこには、中小企業成功の秘密が隠されていました。

 

マーケティングの基本、市場の実態を把握する

国内市場において、バレエシューズは4,000円以下のものが主流であり、靴としての質はあまり評価できるものではなかったそうです。

あくまでファッションアイテムの一つとして取り扱われていたのです。

フランスからの輸入商品では、高級なブランドもあったそうですが、こちらは4万円前後と一気に高級品になってしまいます。質はいいんだがちょっとね。ということになるのでしょう。

バレエシューズというものは、女性のファッショングッズとしては定番商品ということですが、専門的に取り扱う企業がなく、サブ商品としてラインナップされているという位置づけだったことにより、あまり重視されず、そのような存在になってしまっていたそうです。

つまり、世の中に、質が良くて、そこそこの価格のバレエシューズが存在しなかったということです。

そこに目を付けたのが、当該企業のオーナー社長でした。

 

『STP』による専門特化の戦略

かき氷というスイーツを専門店として取り扱いバカ売れしているお店があるように、バレエシューズを専門店として取り扱えば売れるはずだという視点により、事業化を考えたそうです。

ただし、事業化するに際しては、マーケティングのセオリーである市場規模の推定ということをしっかりと行ったそうです。

つまり、『STP』の実行です。

【S:Segmentation】バレエシューズ市場を価格帯で細分化し

【T:Targeting】1万円前後という価格帯市場を選択し

【P:Positioning】自社をバレエシューズ専門店と位置づけし、質の良さを強調する

市場をよく観察し、自社が取り組めて、可能性のある市場を開拓する。

マーケティングの基本です。

 

『STP』によるニッチ戦略は、中小企業成功の秘訣。

企業というものは、とかく大きな市場で自社の商品を何とか売り込みたいと考えがちですが、大きな市場にはたくさんの競合がひしめき合っていて、レッドオーシャン状態です。

それよりも、自社の強みを生かしたブルーオーシャン市場を見つけて、優雅に戦略展開する方が、よっぽどいいですよね。

特に企業体力のない中小企業の皆様には、お勧めです。

今では、「〆のパフェ」ですかね。これからしばらくはブームになりそうですものね。

マーケティングってやっぱり大事ですね。

 

4月から、JMLAでは、カリキュラムを増やし、『ヒューマン・コミュニケーション講座』も開設します。そのほかにも、B2B向けの『セールス講座』や分析の基本が学べる『アナリスト講座』なども開設します。もちろん従来の定量データと定性データを併せて戦略に活用する『KANSEI(感性)講座』もパワーアップして登場します。

4月からの新しいセミナーのご紹介です!
日本マーケティング・リテラシー協会 新資格講座体系

日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)は、日本で唯一の『感性マーケティング』を教え、実行できる人材を育成する団体です。

「顧客の感性価値」をどのようにデータ収集し、分析し、戦略に結び付けるかというフレームと実行手順をお教えしています。戦略目標達成のためのマーケティングタスクをどのように進めていけばよいのかが、明確に理解できます。ですから、受講したらすぐに実務で活用できます。

現代社会においては、必須のマーケティングプログラムです。是非ご参加ください。

お問い合わせはこちら

The following two tabs change content below.
森田 広一
広告代理店でマーケティング戦略立案、コンサルティングファームでデータ分析や各種のコンサルティング業務を経験。そこで培われたノウハウを元に人間の「感性」を紐解く独自の分析手法を確立し、そのノウハウを広く世の中に伝えるべく、一般社団法人日本マーケティング・リテラシー協会を設立。目に見えない消費者の深層心理「感性」を数値化し分析することにより、消費者や企業の隠れた欲求を解明し、各種提案やマーケティング戦略立案に役立てる分析体系を教える講座を開設。現在、様々な業種、職種の受講者から評価を得て、大手コンサルティング企業などの昇格必須講座としても認定されている。同時に各種企業のマーケティング・コンサルタントとしても活動中で、現代企業の悩み解決の実質的なサポート活動も継続している。