カンザクラ(寒桜)が咲いています

2020年03月08日堀内香枝

春はすぐそこまできています

先日の梅に続けて、カンザクラ(寒桜)が咲いているのを見つけ、思わずスマホで撮影してしまいました。

幹がごつごつと少し荒々しく見えるのが寒桜です。
幹に花の名前の名札がついているので、見分け方を覚えました(笑)

カンザクラの隣にソメイヨシノが植わっていますが、そちらはかたいつぼみです、もう少し待ちましょう。

桜は日本人の心の花

桜はバラ科の花でしたね。
バラ科と聞くと、なんとなく華やかな気持ちになるものです。

桜の語源は、田の神様という説をはじめいろいろとあるようですが、いろいろな人がいろいろなところで物語りをつくったのかもしれません。
風情を感じます。

現在では、桜は、日本を象徴する花です。(奈良時代の貴族の花見は梅)
100円玉の裏には、桜の花が最大級の大きさでデザインされていますね。切手も桜デザインは多く発行されます。とても身近な存在です。

桜が咲き出すとわざわざ遠回りしてでも、桜並木の道を歩きたくなってしまう。
こんな良いシーズンに、外出を控えなければならないのは、なかなか忍耐のいることですね。

今年のお花見はどうする?

今年の花見は家で、という方も多くなりそうですね。

日比谷花壇さんでは、「#うち花見」キャンペーンが始まるそうです。

なるほど。
桜の鉢植えが例年以上に売れるのでは。

桜ソング🎵を聴くと、さらに気分は盛り上がりますね。

感性マーケティング
感動商品を生み出すNeo P7 システム(WAKU WAKU 創造 LABOより)

The following two tabs change content below.
堀内香枝
女性の感性を活かした調査設計や市場動向の分析により、お客さまの深層心理「感性」の解明を得意とします。コンサルティングファームで食品メーカー、外食産業、エステティック産業、通販企業、冠婚葬祭業、工作機械メーカーなど幅広い業種のマーケティング・コンサルティング業務を経験しました。これまで培った経験を元に、一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)設立に参画し、感性マーケティング『マーケティング解析士』講座カリキュラム策定に携わりました。現在は、『マーケティング解析士』講座の講師活動を行っています。同時に、企業様のマーケティング課題解決のサポート活動を継続しています。