感性を研ぎ澄ませばダイエット効果あり!?

2020年07月29日堀内香枝

空腹センサーに従って食べていたら5㎏痩せた!

これは、私の実体験に基づきn=1の根拠から書きます。

N=1ではありますが、後からいろいろ検索してみたところ、まさに裏付けをしてくれているような記事を見つけました。

そこで、自信を持ってお話ししたいと思います。

まず、結論からお話ししますと、リモートワークに入ってから2か月たらずで、体重がなんと5㎏!も増えました。

これまで着ていたスカートやパンツが入らなくなり、それで、ダイエットを真剣に始めました。

すると2か月あまりで、もとの体重に戻りました。

ダイエットに成功した実践方法はたったの3つ

1、「お腹が空いたら食べる」「お腹が空いていないときは食べない」
2、食事中、空腹感が満たされた時点で食べるのをやめる
3、別のことに集中する

実践した3つの組み合わせはとても合っていたようです。

「1日3度バランスよく食事をとる」という固定概念を外し、朝は、ミルクティや牛乳、野菜ミックスジュースをまず飲み、まだお腹が空いていれば、ヨーグルト、バナナやオレンジなどのフルーツ類を摂るようにしていました。

「3、別のことに集中する」は、特にランチ時間です。午前11時半前ごろから、何か集中することに取り組み始めると、そちらに意識が集中するのでお昼のことを忘れてしまいます。集中していたことが一段落すると、小腹が空いてくるので、牛乳たっぷりのコーヒーを淹れて一息つきながら、ドライフルーツやナッツなどつまみ、それで小腹が満たされます。

夕食は、通常通り作りますが、食べ始めてから空腹感が満たされたところで、食べることをストップするということをしていたので、1回あたりの食べる量は減ったように感じます。

ダイエットするなら、夕食を抜いて、朝食をしっかり、と聞きますが、私は夜の時間が一番(自分の気持ちが)ゆったりとくつろげるので、夕食をきちんと摂るスタイルを続けました。

栄養バランスを考えなければ、とか、食事時間を守らなければ、と難しいことは考えず、自分の食べたい時間に食べたいものを、おいしいと感じる量だけ食べる、これだけを繰り返してみました。

スリム習慣

本当にこんなやり方でよかったのか?ともとの体重に戻ってから、いろいろと記事を探したところ、まさに、やってきたことがそのまま書かれた記事を見つけました。

沢井製薬の「サワイ健康推進課」というサイトです。2008年にアップされ2019年に改訂されたという記録が記載されています。

空腹センサーという自分の感性に素直に従うのが、ダイエットにも役立つのですね。

 

☆感性に興味のある方はこちらもご覧になってみてください。

感性とは

感性マーケティング

 

The following two tabs change content below.
堀内香枝
女性の感性を活かした調査設計や市場動向の分析により、お客さまの深層心理「感性」の解明を得意とします。コンサルティングファームで食品メーカー、外食産業、エステティック産業、通販企業、冠婚葬祭業、工作機械メーカーなど幅広い業種のマーケティング・コンサルティング業務を経験しました。これまで培った経験を元に、一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)設立に参画し、感性マーケティング『マーケティング解析士』講座カリキュラム策定に携わりました。現在は、『マーケティング解析士』講座の講師活動を行っています。同時に、企業様のマーケティング課題解決のサポート活動を継続しています。