ツツジのキメラ咲き

2020年05月01日堀内香枝

紅白の躑躅

ツツジが満開ですね。
街路樹として植えられているツツジを眺めながら歩いていたら、あら不思議、紅白のツツジを見つけました!
これは「キメラ」(異なった遺伝情報が混じっている状態)というらしい。

ツツジを漢字で書くと、躑躅。
難しい漢字ですね。
「てきちょく」(躑躅)という読みは、足踏みする意。
足踏みするほど美しい花とか、毒が含まれている葉を食べると足踏みして死ぬとか、いくつかの説があるようです。

公園の垣根や庭木、街路樹に植えられていて、子供の頃から親しんできた花なので、特別感はないけれど、それでも真っ白が一面広がって咲いていると美しさが際立ちますし、ピンクや淡いピンク、紅色系ピンクと入り混じって咲いている様子は賑やかで嬉しくなります。

#おうち花見、うちツツジ

根津神社(文京区)の「つづじまつり」はとても素晴らしいですが、今年は中止です。
旧芝離宮恩賜庭園(浜松町)、六義園(駒込)のツツジも評判ですが、5月6日までは臨時休園。
新宿御苑(新宿)や皇居東御苑(大手町)も当面休園。

今年は日常生活の行動範囲の中でお花見しましょう♪

動画を見ながらおうちツツジもありかも。

JAPAN GEOGRAPHICのYouTubeチャンネル(2018)より
JG 4K HDR 東京 ツツジの根津神社(重文) Tokyo,Azarea at Nezujinja(Cultural Property)
根津神社のツツジを観たことがある方は、思い出しながら楽しめそうです。

色の力でリフレッシュしよう

色は光の波動(振動)です。
そのため、色は心と体にパワーを与えてくれるのです。

人間の心身が元気になったり、癒されたりしているのは、色の波長の長短の刺激を受けていることも一要因であるわけですね。

この季節、あちらこちらに咲いているツツジの花を眺めるだけで、癒されたり力をもらったりできるのは有難いことではないでしょうか。

感性とは
感性マーケティング
新商品/新事業企画・開発のための「WAKU WAKU 創造 LABO(ワクラボ)」

The following two tabs change content below.
堀内香枝
女性の感性を活かした調査設計や市場動向の分析により、お客さまの深層心理「感性」の解明を得意とします。コンサルティングファームで食品メーカー、外食産業、エステティック産業、通販企業、冠婚葬祭業、工作機械メーカーなど幅広い業種のマーケティング・コンサルティング業務を経験しました。これまで培った経験を元に、一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)設立に参画し、感性マーケティング『マーケティング解析士』講座カリキュラム策定に携わりました。現在は、『マーケティング解析士』講座の講師活動を行っています。同時に、企業様のマーケティング課題解決のサポート活動を継続しています。