好調な「ワークマン」「ノースフェイス」から読み取るwithコロナのキーワード

2020年06月15日堀内香枝

苦境の中においても好調なアパレルメーカーから学ぶこと

コロナ禍でのレナウンの経営破綻は大変衝撃的でした。

緊急事態宣言を受けて外出する頻度は激減しました。
外出用の洋服を購入する必要性も減り、アパレルメーカーは大打撃を受けています。

その中で、増収増益を達成し注目を集めている企業が2社、「ワークマン」と「ゴールドウィン」。
「ゴールドウィン」は、よく知られている「ザ・ノース・フェイス(The North Face)」ブランドを保有する企業です。

両社に共通するキーワードは、「チャレンジし続ける組織」「ブレないものづくり」ではないでしょうか。

「ワークマン」の強さの秘密

2020年3月期の決算は、売上額・営業利益額・経常利益額すべて前期比30%~40%増と好調ぶりは明らかです。

近年の一般向け広告で、カジュアルウエアのイメージが強くなってきたというものの、売上を稼いでいるベースは「作業服」や「作業用品」であることが決算説明資料で確認できます。

プロ仕様のものづくりがしっかりなされていることが読み取れます。

建設業で働く従業員の作業服のものづくりノウハウがあるからこそ、「ワークマン」がつくるカジュアルウエアに対して信頼も大きいはず。

私の知人は、IT系の仕事をしていますが、冬物のジャケットは「ワークマン」です。
暖かくとても満足しているとおっしゃっていました。

「ゴールドウィン」の強さの秘密

「ゴールドウイン」も2020年3月期決算を終え、売上高は10期連続増収、営業利益は12期連続増益かつ3期連続で最高益を更新しました。

総売上の約8割を占めるアウトドア事業の売上を牽引しているのが「ザ・ノース・フェイス(The North Face)」ブランドです。

このブランドの衣料は、私も持っています。

厳しく過酷なスポーツやアウトドア環境に適した高機能な用品から、私のような一般ユーザーにも使いやすいカジュアルウエアまで幅広い品揃えをしています。

テクノロジーの限界に挑戦し続ける姿勢から生み出される本物の商品が、ハードな環境で目標を追求するコアファンの心を満たし続けているのでしょう。

 

自社の基軸をブラさなず努力し続けることは大事ですね。

 

★大変革の時代を勝ち抜く 基礎から学ぶ できる!シリーズ 商品企画WEB講座(6月20日~全5回)

★新商品/新事業企画・開発のための「WAKU WAKU 創造 LABO(ワクラボ)」

The following two tabs change content below.
堀内香枝
女性の感性を活かした調査設計や市場動向の分析により、お客さまの深層心理「感性」の解明を得意とします。コンサルティングファームで食品メーカー、外食産業、エステティック産業、通販企業、冠婚葬祭業、工作機械メーカーなど幅広い業種のマーケティング・コンサルティング業務を経験しました。これまで培った経験を元に、一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)設立に参画し、感性マーケティング『マーケティング解析士』講座カリキュラム策定に携わりました。現在は、『マーケティング解析士』講座の講師活動を行っています。同時に、企業様のマーケティング課題解決のサポート活動を継続しています。