グループで回覧版のように書き出す発想法【新商品企画・新事業企画】

2020年05月31日堀内香枝

Neo P7の2つ目のアイデア発想法のうち、ブレインライティング法をご紹介したいと思います。

ブレインライティングの意義

「ブレインストーミング」は、ビジネスパーソンであればどなたでもご存知でしょう。
日常的にやられているでしょうから。

数名が集まってミーティング形式で口頭でアイデアや意見を出す手法ですよね。

ここでご紹介するのは、「ブレインライティング」です。「・・・ライティング」の部分が違います。「・・・ライティング」というとおり、書きながらアイデアを出す手法です。

ホリゲル(Holiger)は「人前でどんどん話すタイプではない」ドイツ人には、確報がやりやすいことから「紙にアイデアを記述する」形式の発想法を1968年に考案し、「635法」と名付けました。6人が3個の発想の種を下記、それを5分ごとに展開していく、という意味です。さらに、ドイツのハッテル記念研究所はこれに「5分ごとに紙を回す」という工夫を加えて、他の人の創意がどんどん加わる仕掛けをつくりました。

引用:WAKULABO講座テキスト「神田教授の商品企画ゼミナール」(神田範明著)

このように、話すのが苦手であったり、口頭だと宙に飛んでしまうという場合に、グループで楽しくきちんとアイデアを出すのに最適な発想法です。

別名635法をやってみよう

ここでは「観光案内所」を例にやってみましょう。

Step1: メンバーを揃え、準備する
・人数・・・ 原則6名ですが、3名以上なら大丈夫です。
・用紙・・・ 下表のような記入用紙を人数分用意し、配布します。

Step2: それぞれの人が、1行目(№1)に3個ずつ願望・ウォンツを記入する
Step3: 5分後に全員が左手(または右手)の人に記入用紙を回し、2行目(№2)を記入する
Step4: 同様に5分ごとに記入用紙を回し、回ってきた用紙に次々に記入する
Step5: 6行目まで記入し終わったシートを、№1を書いた人(最初の人)に返す
Step6: 良いアイデアを絞り込み、グループ内で発表する

3人で「観光案内所」をテーマにしたブレインライティングをやった例で、Aさんのシートのイメージです。

どうでしょうか、最初と最後では、だいぶ異なったアイデンアが展開されていますね。

ブレインライティング実施のポイント

  1.  メンバーはできるだけ自分と違う人を集め、多様な意見がでるようにする
  2.   ジャンプやストップもOK
    ・上図の矢印のように前の人の意見が気に入らなかったら飛ばしてもOK
    ・追加も変更もできないと思ったら、太い線を引き、自分はまた違う願望を記入して再スタートさせることができる(ストップ)

前々回(焦点発想法)、前回(アナロジー発想法)、今回(ブレインライティング)と3つのシステマティックな発想法をご紹介しました。
初めてのケースだと、アイデアを出すのに時間がかかったり、なかなかアイデアが出ないこともあるかもしれません。
何度か練習して慣れると良いでしょう。

また、どの手法も、商品企画や事業企画のときだけでなく、マーケティング活動でも、戦略立案でも、営業活動でも、生産現場でも役に立つ手法だと思います。一度慣れておくと、どんなシーンでも活用できそうですね。

 

アイデア発想法にご興味をお持ちになった方は、こちらもご覧になってみてください。
★基礎から学ぶ できる!シリーズ 商品企画WEB講座(6月20日~全5回)

★新商品/新事業企画・開発のための「WAKU WAKU 創造 LABO(ワクラボ)」

★感性とは、感性マーケティングとは

 

 

新商品ができるまで~商品企画Neo P7をのぞいてみる~

アイデア発想法とは【新商品企画・新事業企画】
焦点発想法をやってみる【新商品企画・新事業企画】
常識を否定する発想法【新商品企画・新事業企画】
グループで回覧板のように書き出す発想法【新商品企画・新事業企画】
たくさんのアイデアから売れるコンセプトを客観的に選択する
客観的な評価を得るメリット
Neo P7「アンケート調査」のポイント1
Neo P7「アンケート調査」のポイント3
Neo P7「アンケート調査」のポイント2
商品企画メソッドNeoP7「ポジショニング分析」の役割
一般的なポジショニング分析との違い【意思決定に役立つ】
開発する商品力を最大化する商品コンセプトの意思決定
コンセプトテストの科学的手法
属性と水準を効率的に組み合わせたカードをつくる
新商品ペットボトル入り紅茶のコンジョイント分析例

 

The following two tabs change content below.
堀内香枝
女性の感性を活かした調査設計や市場動向の分析により、お客さまの深層心理「感性」の解明を得意とします。コンサルティングファームで食品メーカー、外食産業、エステティック産業、通販企業、冠婚葬祭業、工作機械メーカーなど幅広い業種のマーケティング・コンサルティング業務を経験しました。これまで培った経験を元に、一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)設立に参画し、感性マーケティング『マーケティング解析士』講座カリキュラム策定に携わりました。現在は、『マーケティング解析士』講座の講師活動を行っています。同時に、企業様のマーケティング課題解決のサポート活動を継続しています。