助成金と補助金の違い

2018年06月26日堀内香枝

「助成金」「補助金」という言葉はよく聞きますが、知る人ぞ知るビジネスにお得な知識だと感じています。
それぞれの特徴を整理してみたいと思います。

助成金
・返済の必要がない
・一定の受給要件を満たせば原則だれでも支給される
・雇用関係と研究開発型の助成金に分かれる
厚生労働省が主に管轄している
・助成金の受け取りは、企業など申請者が先に支払いを済ませた後に、受け取ることができる。
 先に自己資金で支払ってから、請求する。
・助成金申請書類の作成サポートは、社労士に相談することができる。

 
補助金
・返済の必要がない
・期間内に応募して審査を通ると支給される。
 予算と定員数が決まっているのでいっぱいになると、要件を満たしていても支給されない
・小規模事業者持続化補助金、IT導入補助金、ものづくり補助金など多数ある
経済産業省または地方自治体が管轄している
・補助金の受け取りは、企業など申請者が先に支払いを済ませた後に、受け取ることができる。
 先に自己資金で支払ってから請求する。
・補助金申請書類の作成サポートは、社労士以外にも支援を行っているところは多数ある

※JMLAでも補助金申請代行のご相談を承っております。

 
IT導入補助金 二次公募(6/20~8/3)開始のご案内

IT導入補助金の二次公募が始まりました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

JMLAが補助金申請をサポートいたします!
一次公募で会員様をサポートさせていただいた結果、
全件採択されました。

二次公募は、6/20~8/3です。

二次公募も高い採択率が期待されますので、ぜひご活用ください。
サポートをご希望の方は、お気軽にご相談くださいませ。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

補助金の代行申請はJMLA提携会社がサポート(※1)いたします。
※1 H28補助金公募(※2)で採択率100%を達成!
※2 H28補正サービス等生産性向上IT導入支援事業の二次公募

補助金の概要に関しては、
「平成29年度経済産業省関連補正予算案等の概要」をご覧ください。
https://www.it-hojo.jp/

■お問合せ:お問合せはこちらにお願いします。
support@marketing-literacy.org
JMLA事務局

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

補助金申請サポートは、マーケティング活動推進を支援するサービスの一環として実施しております。

 
 
日本マーケティンング・リテラシー協会(JMLA)が提供する
マーケティング資格講座『マーケティング解析士 プロフェッショナル 感性』

定量データと感性(定性)データを組み合わせた分析の体系的なメソッドを学び、データ分析力+シナリオデザイン力を併せ持ったハイブリッド能力の習得を目指す、日本で唯一の感性マーケティング資格講座です。

▶ベーシックなマーケティングの基礎スキルを身につける資格講座
「マーケティングとは」から基礎理論、マーケティング戦略を立案する基礎体系を学ぶ
『JMLAベーシックパスポート』

マーケティングの基本知識の習得と、論理的思考力を養う資格講座です。
ワークショップを中心としたカリキュラムにより、マーケティング戦略立案や実務でマーケティングの理論を使いこなせる実践力の習得を目指します。

▶その他にも、人の感性をビジネスの各分野で活用できるスキルを身につける認定資格講座を開催しています。
『セールス』・・・折衝力、セールスのプロセスを学ぶ
『アナリスト』・・数字を見極める感性を身につける
『ヒューマンコミュニケーション』・・自分を知り、聞く・聴く・訊く、そして伝える力を向上させる
『商品企画士』・・右脳と左脳の組み合わせで失敗しない商品企画体系を学ぶ

The following two tabs change content below.
堀内香枝
女性の感性を活かした調査設計や市場動向の分析により、お客さまの深層心理「感性」の解明を得意とします。コンサルティングファームで食品メーカー、外食産業、エステティック産業、通販企業、冠婚葬祭業、工作機械メーカーなど幅広い業種のマーケティング・コンサルティング業務を経験しました。これまで培った経験を元に、一般社団法人 日本マーケティング・リテラシー協会(JMLA)設立に参画し、感性マーケティング『マーケティング解析士』講座カリキュラム策定に携わりました。現在は、『マーケティング解析士』講座の講師活動を行っています。同時に、企業様のマーケティング課題解決のサポート活動を継続しています。